本日 112 人 - 昨日 479 人 - 累計 619714 人

点検業務内容

  1. HOME >
  2. 点検業務内容
画像【月次定期点検】
通常の電気設備使用状態で、主として携帯用測定器(クランプ計、非接触温度計等)や視覚・聴覚・臭覚・触覚等により設備機器の異常の有無を判定します。


画像【年次定期点検】
定期点検は年に1回程度の周期で電気設備を停止させて日常点検内容の他に、測定器具等を使用して,接地抵抗、絶縁抵抗、保護装置の動作試験などを行うとともに、活線状態では確認できないような充電部のゆるみ、たわみ、注油、清掃などを実施します。


画像【精密点検】
2~5年程度の周期で、電気設備を停止させ、変圧器の油入機器の絶縁油の点検、試験、主要機器の分解点検、保護装置の動作特性試験など必要に応じ、より精密な検査を行う。


画像【竣工検査】
一般に竣工検査といわれ、電気設備の新増設工事が完成した場合、使用前に仕様書、設計図、電気設備技術基準、高圧受電設備指針、内線規程等の規程基準に照らし合わせ、安全に使用できるか検査します。